切るフェイスリフト手術って痛い?麻酔は必須?

フェイスリフト解説ガイド

フェイスリフトは、ほうれい線を取り除くリフトアップ手術です

切るフェイスリフト手術って痛い?麻酔は必須?

切るフェイスリフト手術って痛い?麻酔は必須?

切るフェイスリフトに興味を持ちながらも、なかなか手術に踏み切れない人の中には、痛みに対する不安を感じている方が多くいます。
また、痛みを減らす目的で麻酔が行われると知りながらも、その種類や具体的な効果が分からず、その疑問をどこで解消したら良いのか判断できないケースも多いようです。

このページでは、切るフェイスリフト手術で生じる痛みや麻酔について、詳しく解説していきます。

切るフェイスリフトの手術の痛みはどれくらい?

切るフェイスリフトは、身体にメスを入れて余分なたるみを取り除くため、本来は痛みがある手術です。

しかし、安全性を重視する一般的なクリニックでは、患者さんの負担を減らす目的で手術時に麻酔を使用します。そのため、たるんだ皮膚にメスを入れた時の感触や痛みを感じる事はありません。

ただし、麻酔の注射や点滴の針を皮膚に刺した瞬間は、多少なりとも痛みが生じます。ですが、麻酔液が注入されると数秒で痛みはなくなりますので、基本的に切るフェイスリフトは苦痛なく行える手術であると捉えて良いでしょう。

また、患者さんの不安が強い場合は、手術前に気持ちを落ち着かせる薬が処方される事もあります。これを、麻酔前投薬と呼びます。

美容クリニックではこの様に、患者さんの抱える痛みへの不安を解消する様々な方法を用意しています。ですから、切るフェイスリフトの手術を受ける上で、痛みに対する不安や疑問がある場合には、カウンセリングの際にその悩みを詳しく伝えてみましょう。

切るフェイスリフトの手術には麻酔は必須?

麻酔を行う目的には次のものがあり、切るフェイスリフト手術をする上でも欠かせないものです。

・手術による痛みやストレスから患者さんを守る目的
・手術を円滑に行う目的

そのため、例えば痛みに強い患者さんから「麻酔は要りません」と申し出があったとしても、安全かつ適切にたるみを切り取るため、一般的なクリニックでは必ず麻酔を行います。

実際に用いる麻酔の種類はクリニックによって異なり、切除範囲が広い等の理由で全身麻酔をかけるクリニックがあれば、局所麻酔を行うクリニックも存在します。

全身麻酔と局所麻酔のどちらが良いかを決める事は難しいですが、日本麻酔学会の調査結果によると、全身麻酔は局所麻酔と比べて、偶発症が生じやすい傾向があるとされています。ですが、局所麻酔だから安全という訳でもありませんので、クリニックの比較検討時には、痛みや麻酔だけでなく他の要素を含めて判断をすると良いでしょう。

切るフェイスリフトの手術後に痛みは残る?

切るフェイスリフトは顔にメスを入れる手術となりますので、術後の痛みは残ります。

一般的なクリニックでは、こうした痛みを緩和する目的で痛み止めの薬を処方しています。そのため、感じ方には個人差もありますが、多くの人は我慢できるレベルの痛みという印象を持たれているようです。
希望される患者さんには追加で痛み止めを出せるクリニックもありますので、麻酔が切れた後の痛みが心配な場合は、カウンセリングの際に相談をしてみると良いでしょう。

術後に考えられる痛み以外の問題

手術の方法によっては、術後3~5日程度は顔に包帯を巻いて固定しなければならない事もあります。しかし中には、これは各クリニックが採用する術式によって変わってくるところです。術後の抜糸や包帯が必要ない手術を行っているクリニックもありますので、包帯などを付けると周りの目が気になるという方は包帯や抜糸が必要ないクリニックを選ぶと良いでしょう。

なお、術後の傷跡や痛みについて気になる方は、是非こちらの記事もチェックしてみてください。

フェイスリフトの傷跡について

痛みや負担の少ない手術ができるクリニック選びを

切るフェイスリフト手術では、痛みによる患者さんのストレス緩和や安全に手術を進めることを目的として、麻酔を必ず行っています。麻酔には大きく分けて全身麻酔と局所麻酔の2種類があり、クリニックや手術の種類によって使用する麻酔の種類が異なります。
また、一般的なクリニックでは術後の痛みを緩和するために、痛み止めの薬を処方していますので、我慢できないレベルの痛みはあまり続かないでしょう。

この手術の痛みや傷跡は、切るフェイスリフトの方法によっても変わってきます。そのため、なるべく負担の少ない治療法を求める方は、恵比寿美容外科の様に術後の抜糸や包帯を巻く必要のないクリニックを選ぶと良いでしょう。

>一覧を見る

新着情報

>一覧を見る >一覧を見る

月別アーカイブ