フェイスリフト手術で失敗しないためのサイトです

フェイスリフト解説ガイド

フェイスリフトは、ほうれい線を取り除くリフトアップ手術です

美容外科で受けられるマリオネットラインの治療について

ほうれい線と合わせて「二重ほうれい線」とも呼ばれるマリオネットラインは、実年齢以上に老けた印象を与えてしまいます。そんなマリオネットラインは治療によって改善することができますので、この記事では美容外科で受けられるマリオネットラインの治療についてご紹介します。

マリオネットラインとは

マリオネットラインは、口の両脇からあごに向かって伸びる線のことです。人形劇に登場する操り人形のマリオネットには、口元に縦の線が入っていますよね。そこからマリオネットラインと呼ばれるようになりました。

マリオネットラインができる原因

ほうれい線は赤ちゃんの頃から誰しもあり、年齢とともに目立つようになってきます。しかし、マリオネットラインはもともとあるものではなく、たるみによって現れてくるものです。では、なぜ肌のたるみは生じてしまうのでしょうか。

・頬の皮膚や表情筋がたるむ
顔の皮膚の奥には脂肪があり、そのさらに奥には表情筋があります。この表情筋がたるんでしまうと、脂肪を支えることができずに下垂します。すると脂肪の下垂につられるように頬の皮膚もたるんでしまうのです。

・広頸筋がたるむ
広頸筋は下あごから頸部そして胸部にかけて存在する広範囲の薄い筋肉です。表情筋とつながっており、表情筋と広頸筋が互いに引っ張り合うことで引き締まった首筋やフェースラインを保っています。しかし、広頸筋が衰えてたるんでしまうと、そのバランスが崩れて口元が下がりやすくなります。

・口角下制筋が硬化する
口角下制筋はちょうどマリオネットラインができるあたりにある筋肉で、口角・上唇を引き下げる働きがあります。口角下制筋が硬化してしまうと口角が上がらず、下がったままになります。

マリオネットラインの治療法

筋肉や皮膚がたるんでしまうことから出来てしまうマリオネットライン。表情筋エクササイズなど自分でできる改善法ももちろんありますが、一度たるんでしまったものをセルフケアだけで改善するのはなかなか難しいものです。
なるべく早くどうにかしたいということであれば、以下のような治療法を参考にしてみるのも良いと思います。

注入法

・ヒアルロン酸注入
ヒアルロン酸注射は手軽な治療として人気です。
ヒアルロン酸を注入することによって、肌ふっくらとボリュームアップさせることができ、脂肪の減少や脂肪の下垂によって口角の周りにできてしまった段差をなくすことが可能です。

外科的手術ではないので施術時間は短く、ダウンタイムも短いです。しかし、持続期間が短く、根本的な治療とはいえません。

フェイスリフト

・切るフェイスリフト
切るフェイスリフトというのは、耳周辺の皮膚を切開し、皮膚と皮膚の下にあるSMASという筋膜を引っ張り上げます。その上でたるみの原因となっている余分な皮膚を切除することで、広範囲のしわやたるみを一気に解消することができるという治療法です。顔の両側を1回の施術で行うので、施術に要する時間は長くなります。さらに、他の施術に比べると1回の施術かかる費用が高くなります。
また、手術による傷あとは時間の経過とともに馴染んできますが、完璧に消えてなくなるということはありません。

・糸を使ったフェイスリフト
特殊な糸を針で皮下に挿入し、引き上げることでリフトアップさせる治療法になります。糸の挿入によって組織が刺激され、コラーゲンの産生も促されるという効果があります。

切るフェイスリフトと違って顔にメスを入れる必要がなく、傷あとも残りません。ただ、切るフェイスリフトに比べると持続期間は短くなります。

レーザー治療

・スキンタイトニング
スキンタイトニングとは、赤外線と高周波を同時に照射することで、肌のコラーゲンを増生させ、たるみを改善するという治療法です。痛みが少なく、ダウンタイムもないので、レーザー治療も気軽に受けることができます。
スキンタイトニングレーザーはたるみの症状が軽い方にはおすすめですが、症状が進んでおり、マリオネットラインがかなりくっきり表れている方にはあまり向いていません。

再生医療

・PRP治療
PRP治療は、自分の血液中の血小板や白血球を抽出し、気になる部分に注入するという治療法です。細胞が持つ創傷治癒力や組織再生力を活性化させることでコラーゲンを促し、自然に若返る効果が期待できます。
自分の血液使用することになるので、安全性が非常に高いですが、ヒアルロン酸といったほかの注入療法に比べると効果の出現に時間がかかります。そのため、即効性を求めている方は他の治療方法のほうが良いでしょう。

まとめ

今回は美容外科で受けることのできるマリオネットラインの治療法をご紹介しました。それぞれの治療法にメリット・デメリットがありますので、価格・即効性・安全性など自分が何を優先しているのかを明確にした上で最適な治療法を選ぶようにしましょう。

>一覧を見る

新着情報

>一覧を見る >一覧を見る

月別アーカイブ