フェイスリフト手術で失敗しないためのサイトです

フェイスリフト解説ガイド

フェイスリフトは、ほうれい線を取り除くリフトアップ手術です

ヒアルロン酸注入によるマリオネットラインの治療について

マリオネットラインとは

マリオネットラインは、口の両脇からあごに向かって伸びる線のことです。人形劇に登場する操り人形のマリオネットには、口元に縦の線が入っていますよね。そこからマリオネットラインと呼ばれるようになりました。

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインの原因は、たるみです。口周りの皮膚や表情筋、さらには脂肪がたるんでしまうことで影ができ、目立ってしまうのです。ではたるみはなぜ生じてしまうのでしょう。

・肌のハリ、弾力の低下
加齢や紫外線によるダメージを受けると肌を若々しく保つために必要不可欠なコラーゲンやエラスチンなどを作り出している線維芽細胞の働きが弱くなります。つまり、コラーゲンやエラスチンなどの産出量が減ってしまうので、肌のハリや弾力が低下してしまい、たるみにつながるのです。

・表情筋の衰え・硬化
マリオネットラインと深く関係のある表情筋は「広頸筋」「口角下制筋」「口輪筋」です。
広頸筋は下あごから頸部そして胸部にかけて存在する広範囲の薄い筋肉です。表情筋とつながっており、表情筋と広頸筋が互いに引っ張り合うことで引き締まった首筋やフェースラインを保っています。しかし、広頸筋が衰えてたるんでしまうと、そのバランスが崩れて口元が下がりやすくなります。

口角下制筋はちょうどマリオネットラインができるあたりにある筋肉で、口角・上唇を引き下げる働きがあります。口角下制筋が硬化してしまうと口角が上がらず、下がったままになります。

口輪筋は唇の周りを囲うようにある筋肉で、口を閉じたり尖らせたりするときに使われます。口輪筋が衰えたり、硬くなってしまうと口角が下がっていきます。たるみの原因になるだけでなく、口呼吸にもなりやすいので口輪筋の衰えは特に注意が必要です。

マリオネットラインの治療法

マリオネットラインの治療法には以下のようなものがあります。

・切るフェイスリフト
皮膚と筋肉を剥離してから皮膚を切開し、表情筋の筋膜から組織を引き上げます。

・糸を使ったフェイスリフト
皮膚に糸を入れ、上に持ち上げることでたるみを改善する施術になります。

・ヒアルロン酸注入
気になる部分に直接ヒアルロン酸を注入するという施術です。

・再生医療
少なくなってしまった肌細胞を移植することで、肌そのものを若返らせる治療法です。その結果たるみの解消につながります。

今回は、この中のヒアルロン酸注入について詳しく見ていきます。

ヒアルロン酸注入について

ヒアルロン酸には水分を保持する役割があり、若々しい肌を保つためにはなくてはならない存在です。しかし、年齢を重ねるにその量は減少していきます。そのため、ヒアルロン酸が含まれている基礎化粧品を使用して補っている方も多いと思いますが、基礎化粧品ではなかなか効率よく肌内部まで浸透してくれません。

そこで、非常に細い針で気になる部分に直接ヒアルロン酸を注入することで、みずみずしくハリ感のある肌に回復させることができるのです。
リフトアップ効果が期待できるので、たるみの解消につながりますし、ヒアルロン酸を注入することで肌をふっくらとボリュームアップさせることも可能なので、口角が痩せてしまったことで生じたマリオネットラインにも効果があります。

ヒアルロン酸注入のメリット・デメリット

ヒアルロン酸は皮膚や関節などもともと体内に存在している成分なので、施術の際にアレルギーを引き起こすリスクが非常に低いです。さらに、1か所に要する施術時間は10分前後と短く、体への負担も小さめです。1回の費用もリーズナブルなので、幅広い世代から人気のある施術法です。

ヒアルロン酸注入にも、もちろんデメリットあります。肌に注入されたヒアルロン酸は数か月程度で体に吸収されてしまうので、持続期間が短い傾向にあります。つまり、効果を持続させるためには複数回施術を受ける必要があるのです。また、メスを使う施術ではないものの、失敗するリスクももちろんあります。ヒアルロン酸の量は医師の判断によりますが、技術不足の医師が行うことで量が多すぎてしまったり逆に少なすぎることで納得のいく仕上がりにならないこともあります。

ヒアルロン酸注入に向いている人

どの治療法にも当然のことながら良い面と悪い面があります。今回紹介したヒアルロン酸注入であれば、費用が安く、施術時間が短いというメリットがある反面、持続効果が短いとったデメリットがありました。
できれば施術の効果は長く続いてほしい、たるみを根本的に解決したいという方にとっては不向きかもしれません。しかし、どうしても手術はしたくない、肌をボリュームアップさせたい、複数回施術を受けることに抵抗がないという方には向いている治療法と言えます。

>一覧を見る

新着情報

>一覧を見る >一覧を見る

月別アーカイブ