フェイスリフト手術で失敗しないためのサイトです

フェイスリフト解説ガイド

フェイスリフトは、ほうれい線を取り除くリフトアップ手術です

目の下のたるみと目の下のクマの違い

しっかり寝ているはずなのに、目の下のクマが改善されない…なんてことはありませんか?もしかしたら、それはクマではなく、たるみによるものかもしれませんよ。

クマの種類

クマは大きくわけると「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」の3種類があります。

茶クマ

茶クマは色素沈着によってできてしまうクマのことで、要はシミと同じです。
紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞が刺激され、メラニンが生成されます。メラニンには肌を守る役割があり、少量であれば生成されても肌の代謝によって体外に排出されるので特に問題はありません。ただ、過剰に生成されすぎると代謝でうまく排出できずに肌内部に蓄積されてしまいます。
すると色素が沈着してしまうのです。また、紫外線だけでなく、目の周辺をこするなど物理的に刺激することもメラニンの生成を促進させてしまいます。

青クマ

青クマは血行不良よってできるクマのことです。夜更かしをしたり、目を長時間使ったりするような行為は目の周りの血流を悪くしてしまいます。
触ってみるとわかると思いますが、目の周辺の皮膚というのは、かなり薄くなっています。そのため、皮膚の下にある血管が透けて見え、目の下が青黒く見えてしまうのです。

黒クマ

黒クマは、茶クマや青クマのように皮膚そのものの色素の問題ではなく、たるみによってできる影によって黒く見えています。
黒クマの原因は、筋肉の衰えによって目の下の脂肪が突出する、目の下の皮膚がたるむ、目の下の脂肪が少ないなどがあります。
茶クマ青クマはメイクで隠すことができるのですが、黒クマにいたっては隠すことができないので、非常に厄介です。

クマ?それともたるみ?簡単な見分け方

血行不良などによるクマなのか、それともたるみによる影なのか、パッと見ただけではなかなかわかりにくいです。
簡単に見分けるためには、目の下の皮膚を目じり側に軽く引っ張ってみてください。
もしこれで解消されるようであれば、たるみによる影、解消されないのであれば青クマである可能性が高いです。

クマを改善するためには?

3つのクマは原因がそれぞれ異なるので、当然ながら改善方法も違います。

茶クマの改善方法

色素沈着によってできる茶クマには、メラニンの生成を抑えるアルブチンやできた沈着した色素を薄くする作用のあるビタミンC誘導体といった美白成分が入った化粧品が有効です。ただ、ビタミンCに関しては皮脂を抑える働きがあるので、敏感肌や乾燥肌の方は注意が必要です。もちろん化粧品だけでなく、紫外線対策や不用意な摩擦を避けることも大切です。

青クマの改善方法

青クマは血行不良によってできるので、ホットタオルや体操、マッサージなどで血のめぐりを良くすることが一番の改善方法になります。
中でも目の体操であればどこでも手軽に実施することができます。最近はデスクワークでパソコンを長時間眺めたり、1日中スマートフォン見ているという方も多いので、気づいたときに遠くと近くを交互に見る、目玉を上下左右斜めに動かすなどの体操を取り入れてみてはいかがでしょうか。

黒クマの改善方法

黒クマを改善するためには、保湿をしっかり行うことと目の周辺にある筋肉を鍛えることが重要になります。
手のひらで化粧水をまんべんなくつけているつもりでも、意外に目元は薄づきになっていることがありますので、目元はより丁寧に保湿しましょう。
目の周辺にある眼輪筋を鍛えるためには、上まぶたを指で軽くおさえて、下まぶただけでまばたきするエクササイズが効果的です。
黒クマにおいては、茶クマ、青クマに比べるとセルフケアでの改善がやや難しい傾向にあります。そのため、美容外科など専門的な機関で治療するというのも一つの手です。

まとめ

クマには3種類あり、茶クマは色素沈着、青クマは血行不良によってできます。
しかし、黒クマにおいては目の下の脂肪が突出したり、目の下の皮膚がたるんだりすることで影ができて黒く見えているだけの状態です。
クマとたるみの大きな違いは、皮膚そのものの色素の問題かどうかということです。茶クマや青クマは上からファンデーションやコンシーラーを塗ることでカバーすることもできますし、セルケアでの改善も比較的簡単です。しかし、黒クマはメイクでのカバーもセルフケアも難しい傾向にあります。
この記事の中で、クマとたるみの簡単な見分け方もご紹介しましたが、最適な対処法を知るためにも、まずは自分の目の下にあるのがクマなのか、たるみによる影なのかを理解しましょう。

>一覧を見る
>一覧を見る >一覧を見る

月別アーカイブ